最新ニュース(2020年8月7日更新)

野波理事長の編著書2冊近日発売されます。

「『続・ドローン産業応用のすべて ―進化する自律飛行が変える未来―』(オーム社、本体2,800円+税、発売日2020年8月12日)
『ドローン工学入門 - モデリングから制御まで -』(コロナ社、本体4,500円+税、発売日2020年9月11日)

 『続・ドローン産業応用のすべて』は『ドローン産業応用のすべて』の続編として、2年半で急拡大したドローン業界における各産業分野の最新事例や活用モデル、具体的手法の詳細など、産業用ドローンの概況とその最新事例をつかむことができる1冊です。
 『ドローン工学入門』は、和書としては最初の「ドローン工学入門」の専門書です。「モデリングと制御」に特化した学術書であり、ドローンのモデリングと制御をいかに実践するかを、多くの事例を紹介することでその全貌が理解できるものと確信しています。
 詳細は、各社Webサイトをご確認ください。上記書籍名をクリックすると、各社の書籍紹介ページに移動します。

最新ニュース(2020年1月28日更新)

野波理事長 大学発ベンチャー創出シンポジウム講演

・大学発ベンチャー創出シンポジウム(2020年1月27日)にて、野波理事長がKEYNOTE SPEECHを行いました。


当日は、300人の来場者に「大学発ベンチャーエコシステムへの取組み」について講演しました。自身の経験より、大学発ベンチャーについて熱く語られました。

最新ニュース(2019年12月27日更新)

(速報)第1回先端ロボティクス・チャレンジ応募状況

・12月20日にエントリーを締め切りました第1回先端ロボティクス・チャレンジの応募状況をお知らせします。

(1) 応募チーム:20チーム
(2) 応募人数:161人
(3) 国・地域:7か国
(4) 所属機関:大学(23校)、大学共同利用機関法人(1機関)、高専(3校)、企業(20社)、その他(3)

ご応募ありがとうございました。

最新ニュース(2019年12月25日更新)

【募集・エントリーを終了しました】第1回(2020年度)先端ロボティクス・チャレンジ

・たくさんのご応募ありがとうございます。競技の詳細は「専用ページ」をご確認ください。

最新ニュース(2019年12月11日更新)

ARCでDrone Fundが起業支援へ(12月11日記者会見開催)

・当財団会議室にて「第1回先端ロボティクス・チャレンジ」におけるDrone Fund(共同代表:千葉功太郎氏・大前創希氏)との提携について合同記者会見を開催。財団が主催するコンペティションが人材の発掘を担い、Drone Fundが優秀な人材のスタートアップ(起業)を支援するという役割を確認するとともに、日本の先端ロボティクス産業の現状と将来へのビジョン、ドローン前提社会とはどうあるべきか等についても意見表明を行いました。

最新ニュース(2019年12月5日更新)

(プレスリリース)ARCでDrone Fundが起業支援へ(12月11日記者発表)

・第1回「先端ロボティクス・チャレンジ」において、Drone Fundが 優秀な成績を収めたチームへの経営的・財政的パートナーとして参画する件につきまして、12月11日に記者発表を行います。詳細は (プレスリリース)ARCでDrone Fundが起業支援へ(PDF形式)をご確認ください。

最新ニュース(2019年12月4日更新)

【説明会を終了しました】第1回(2020年度)先端ロボティクス・チャレンジ

・2019年11月29日に説明会は終了しました。12月20日まで参加チーム募集しています。詳細は「専用ページ」をご確認ください。

最新ニュース(2019年11月27日更新)

日刊工業新聞社(2019年11月19日)に先端ロボティクス・チャレンジの記事が掲載されています

日刊工業新聞「先端ロボティクス財団、来夏福島で競技会 ドローン人材育成促進」(PDF形式)をご覧ください。
(日刊工業新聞社様より転載承認済)

最新ニュース(2019年11月26日更新)

ニュースイッチ(日刊工業新聞社)に野波理事長のインタビューが掲載されています

・野波理事長のインタビュー記事が掲載されています。
・詳細は、「ニュースイッチドローン普及、カギは「大脳」が握る」(外部ページ)をご覧ください。

最新ニュース(2019年11月06日更新)

(終了しました)一般社団法人日本ドローンコンソーシアム(JDC)・フォーラム2019―加速するドローンの産業応用と制度改革―が開催されます

<JDC・フォーラムとは?>
・国の動きや産業界の最新動向を正しく把握し、今後のドローン産業のあるべき発展の方向を探ります。ドローン研究者、ドローンメーカー、ドローンサービス、ドローンベンダーの皆様が一堂に会して意見交換し、ドローンの未来を語り合う熱き場です。皆様のご参加をお待ちしております。
・詳細は、JDCのWebサイトの日本ドローンコンソーシアム・フォーラム2019(外部サイト)をご覧ください。
(追加)チラシが公開されました。下よりダウンロード下さい。
JDCフォーラムチラシ(PDF形式)

最新ニュース(2019年10月18日更新)

ニュースイッチ(日刊工業新聞社)井水社長と野波理事長の対談記事が掲載されています

・ニュースイッチに日刊工業新聞社井水社長と野波理事長の対談記事が掲載されています。
・詳細は、ニュースイッチ「“空の産業革命”ドローンの挑戦/先端ロボティクス財団」(外部サイト)をご覧ください。

最新ニュース(2019年10月16日更新)

ニュースイッチ(日刊工業新聞社)に野波理事長のインタビューが掲載されています

・千葉大学インテリジェント飛行センターの紹介と野波理事長のインタビュー記事が掲載されています。
・詳細は、ニュースイッチ「千葉大がドローン研究人材育成で拠点「世界のトップレベルに」」(外部ページ)をご覧ください。

最新ニュース(2019年10月11日更新)

第1回(2020年度)先端ロボティクス・チャレンジ

<参加チーム募集>
・2019年10月1日から12月20日まで参加チーム募集しています。詳細は「専用ページ」をご確認ください。

最新ニュース(2019年10月4日更新)

(終了いたしました)2019年10月11日13時~ 千葉大学インテリジェント飛行センターキックオフシンポジウム

当財団の野波理事長が、基調講演を行います。詳細は千葉大学産業連携研究推進ステーションのページまたは、下記パンフレットをご覧ください。
千葉大学インテリジェント飛行センターキックオフシンポジウム パンフレット(PDF形式)

<解説>
千葉大学インテリジェント飛行センター(Center for Aerial Intelligent Vehicles: CAIV)
2019年10月1日に設立された、次世代飛行ロボット・小型無人航空機(ドローン)の拠点。学際的研究と産学連携の融合による安全性・効率性・環境性を満たすインテリジェント飛行ロボティクス技術の創成、基盤技術の研究開発を行うとともに若手人材を育成することを目的としている。

過去ニュース
2019年のニュース